難消化性米wx/ae WE米®
Indigestible rice

近年、生活習慣病予防の観点から、多くの「健康食品」「機能性食品」が開発されています。
難消化性米wx/ae「WE米®」(ウイまい)は、古来より日本人の主食であるお米であり、生活習慣病予防のための素材として理想的であると考えます。
「WE米」は、N-methyl-N-nitrosoureaを用いた化学的処理により突然変異を誘発して得たwaxy(wx)遺伝子変異体 (EM21)とamylose-extender (ae)遺伝子変異体(EM16)とを交配して開発されました。
「WE米」は、育種的手法により形質を選抜し単離しているため、遺伝子組換体ではなく、食材として安心して利用できます。

※ WE米®はWX/AE米推進協議会の登録商標です。

 

製 品

製品名 内容量
 「WE米®」 焙煎玄米粉 10kg
 「WE米®」 白米粉 10kg
 「WE米®」 精製澱粉 10kg
 「WE米®」 玄米 10kg
 「WE米®」 白米 10kg

機能性成分

「WE米」は、一般うるち米に比較してオリザノール・ビタミンEを多く含みます。
「WE米」は、アミロースが含まれないにもかかわらず、食物繊維含量が高く、ショ糖含量も増加しています。また、脂質が2倍に増加しており、その中に溶解していると考えられるビタミンEや総オリザノール量も約2倍に増加しています。
このショ糖と脂質(TG)は、糊粉層に多く含まれています。

◇ 主成分 (単位: g/100g) うるち米 「WE米®」
 タンパク質 7.3 7.7
 脂  質 3.1 6.5
 糖  質 69.8 61.2
 難消化性デンプン 2> 27.8

◇ 機能性成分 (単位: mg/g) うるち米 「WE米®」
 オリザノール 420 800
 ビタミン E 13 23

◇ オリザノールの局在性 (単位: µ/g)  うるち米 「WE米®」
 ぬ か 2,200 2,500
 白 米 40 440

「WE米」 の米粉摂取による生活習慣病予防効果

動物実験及びヒト試験の結果、 「WE米」の摂取により、血糖値や血中の中性脂肪の上抑制、さらに内臓脂肪の蓄積抑制効果が認められました。
生活習慣病予防食品への食材として期待されます。

◇食後血糖値上昇の緩和効果

(Horino, 2011)1

◇総コレステロール低減効果

(中村, 2013)2

  1. Horino, S.; Nakaya, M.; Shojo, A.; Hirai, H.; Kitamura, S.; Kinoshita, A.; Miyatani, S. Effects of intake of puffed wx ae double mutant brown rice on human blood glucose and lipid levels. J. Life. Sci. Res. 2011, 11, 7-11.
  2. 中村充, 市原敬司, 栗田賢一, 治井敏明, 堀野成代, 庄條愛子, 宮谷秀一, 平井宏昭, 北村進一. wx/ae米の長期経口摂取時における血中脂質代謝に与える影響. 日本栄養・食糧学会誌 2013, 66, 35-40.

食品への応用

「WE米」は遺伝子組換え作物ではなく、安心して食品素材として利用できます。
また、低GI食品として利用できます。